お知らせ
スポンサーリンク

これからFP3級を受けようか悩んでいる人必見!投資初心者のFP3級受験体験記✨

その他
スポンサーリンク

どうも、ファイナンシャルプランナーのシュレです(笑)

FP3級を取得することができれば堂々とファイナンシャルプランナーを名乗ることができるのも魅力かなって思ったりします(笑)

ということで、本日はこちらの4本立てで記事を書いていきたいと思います。

① なぜFP3級を受けたのか

② 試験結果(自己採点)、勉強時間

③ 試験の形式、難易度 勉強方法(教材紹介)

④ まとめ

よろしくお願い致します。

なぜFP3級を受けたのか

私は昨年の4月から投資を始めたのですが、投資に関して勉強していくうちに「もっとお金のことについて知りたい」と思うようになったことが一つの理由です。

そして二つ目の理由は「なんか資格ほしい」です。(笑)

お金の勉強ができて、しかもそれほど難しくない資格ということでFP3級を選びました。

また、基本的にはFP3級をとらないと、FP2級を受けることができない(正確には受ける方法はある)、のでとりあえず受けておこうと思ったのが本音です。

試験結果 (自己採点)、勉強時間

学科53/60 合格点36

実技17/20 合格点12

合格できました!!

勉強に費やした期間は4か月で、合計40時間ほどでした。私の感覚では難易度はそれほどは高くない試験だと感じました。

ちなみに記事を書いているシュレですが、都内の中堅私立大学通いですので、「有名国立大出身でそもそもの地頭が違う」といったことはありません(笑)また、大学1年生の時に簿記3級に落ちています。この時の勉強時間は確か30時間ほどでしたので、簿記3級の方が難しいのではないかなと思います

試験の形式、難易度 勉強方法(教材紹介)

試験の範囲

1 ライフプランニングと資金計画

2 リスクマネジメント

3 金融資産運用

4 タックスプランニング

5 不動産

6 相続・事業継承

この6つの分野からまんべんなく出題されると思ってください。

学科試験に関しては、各分野から10問ずつ出題されます。(金財、日本FP協会共通)

実技試験は受ける試験によって範囲が異なりますが、出ない分野の方が少ないですので、まんべんなく勉強することをお勧めします。

出題形式

学科試験 120分 60問 合格点36点 〇×30問 3択30問

実技試験 (日本FP協会) 60分 20問 合格点12点 全て3択

     (金財) 60分 事例形式 50問 合格点30点 全て3択

※金財は「個人設計相談業務」か「保険顧客資産相談業務」のどちらかを選択

日本FP協会と金財は申込先が異なる個人的にはFP協会がおすすめ

もちろんどちらで受験してもFP3級試験には変わりありません!

勉強する内容自体は簡単ではありません。保険の話や金融商品の話、税金の話などややこしい内容が多く数字も頻出します。実技試験では多くの計算問題が出ますので対策は必須です。

しかし、出題形式を見てください。学科試験に関しては半分が〇×問題です。残りの半分も3択なので適当に回答しても25点くらいは取れる試験なのです。実技試験も20問中5問程度は常識問題なので、その他の計算問題などををしっかり対策すれば合格するのは難しくないと思います。

〇×問題や常識問題があって、しかも6割で合格!

勉強方法

私はTAC出版の「みんなが欲しかったFPの教科書」と「みんなが欲しかったFPの問題集」を使いました。また、直前に「TAC直前予想 当てるFP3級」を購入し予想問題を解きました。

この2冊はとってもおすすめです!!✨

おすすめの理由としては

 図や表、要点がわかりやすい

② 「板書」というまとめ部分を読むだけで復習ができる

③ 各セクションごとに基礎問題がついているため、進捗度を確認できるし定着もしやすい

④ 問題集とセットで使うと更に学習効率UP! 問題集を解けば本番にも対応できる

その他の教材と比較しても、カラフルで読みやすいと思います。また、2冊セットで購入することを強くお勧めします。教科書の1分野を読んで問題集を解く、次の分野を読んで問題集を解くこと繰り返し1周終わったら、苦手分野をもう一度読み直したり解き直すことで弱点を補強していく。そうすればおのずと合格点の6割は見えてくると思います!

実技問題に関しても、3択問題です。実技という文字に惑わされずにしっかりと問題集の問題を解いていけば大丈夫だと思います。

また、個人的には金財の実技問題の方が、日本FP協会の問題より難しく感じました。出題される範囲は金財の方が少ないのですが、その分深いところまで聞いてくる問題が多い印象です。

独学よりオンライン学習派の方へ

効率を重視したい方や勉強自体が苦手な方はオンライン学習ツールなどを使うのも手だと思います。

ここでは安価で信頼できるオンラインツールを紹介します。

① オンスク

月額980円から複数の講座を受けることができます!あの有名なTACの関連会社なので、講義の質も高いと評判が良いです!

② 資格対策ドットコム

年間利用者数が14万人越えのサイトで、FPの資格では実績があるようです。こちらも低価格で受講でき、スマホ学習などもできるので、時間を有効活用したい方にお勧めです!

③ ECCビジネススクール

こちらは2級からしか講座がないのですが、2級講座に3級の内容もついているので、2級まで取得したい人にお勧めです。ECCビジネススクールのFP講座は、どのコースも日本FP協会が指定するAFP認定研修を含んでいるので、3級を飛ばして2級をとることが可能になります!

平均の2倍、過去4年間に1万人以上の合格者を輩出しており、実績も十分です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。FP3級の大まかな内容をつかんでいただけていれば幸いです。さらに細かい内容は金財や日本FP協会のホームページで確認してください。

金財https://www.kinzai.or.jp/

日本FP協会https://www.jafp.or.jp/

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

に参加しています。クリックで応援よろしくお願い致します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました