お知らせ
スポンサーリンク

日経平均今後どうなる?過去の2月で同じような形をしたチャートを探してみた✨

テクニカル分析
スポンサーリンク

今週もお疲れさまでした!日経平均ですが先週やや不穏な動きを見せていたため、暴落がささやかれていましたが、そうした投資家心理とは反対に約4パーセントの上昇となりました。個人的にはまだ一時的な大きな下落の可能性は捨てきれないと思っているので、引き続き警戒しながら相場を見ていこうと思います。

さて今回は「過去の2月で今年と同じようなチャートの形をしている年を探してみよう」という内容になります。ちなみに現時点ではまだ探しておりません(笑)

今後日経平均がどう動くのか、ヒントを得られるかもしれません!

早速分析していきましょう!

1996年

どうですか!なんか今期と似てないっすか!!!

11月の上昇にその前のうねうね期間、最近の値動きといいめちゃくちゃ似てますね。

単純に1996年と同じ動きをするとすれば、ここから少し上昇して2月半ばから下旬にかけて4.4%ほど下落する。ということになります。

しかしこれだけでは面白くないので、もう少し深堀していきます。

同じような値動きをしているので、MACDなどのインジケーターもほぼ動きは変わらないのですが、どちらかといえば1996年の方が弱く見えます。

また、今年の方が中期や長期の移動平均線が1996年に比べて上向きなので、この点を見ても今年の方がやや強いかなと感じます。誤差みたいなもんですけど。

2007年

ちょっとだけ似てると思って取り上げてみました。似てないとか言わないでください。

思ったより似たチャートないんですよ(泣)

このチャートと同じ動きをしていくなら、ここからもう一度上げて、3月中旬にかけてがくんと下げられてしまうということになります。

あんまりおもしろいことがなかったので次に行きます。

2011年

東日本大震災が起こってしまった、2011年のチャートになります。

東日本大震災の発生後、株価は大暴落していますが、その前の黄色まるで囲った2月下旬の下げに注目です。

いや調整レベルですね(笑)そんな注目するほどでもないか。

株価が1月にかけて上昇し、2月に少し大きめの下落調整というパターンは多いように思います。

2018年

2018年も似ていますね。ただ、2月5日の時点ではすでに下落が始まっています。

注目すべきポイントが一つあります。

それはMACDです。移動平均線が高値圏でうねうねしているときに、MACDのデッドクロスが起きると暴落する傾向にあります。2018年の時はまさにそんな感じでした。

今年もそうですね。ただ、何度か行ったり来たりしているので信ぴょう性は高くないかなと思います。

まとめ

今年と同じようなチャートを探してみたんですけど、あんまり見つかりませんでした(>_<)

信用買い残、売り残の分析もしようとしたんですけど、あんまり見どころがなかったので、チャート分析のみになりました。

さらっと過去の2月相場を見てみたのですが、2月まで上昇してきている年は2月に割と大きめの下げ調整をすることは多かったです。ただ、暴落といったものではないので、少し注意しておくくらいでいいのではないでしょうか。

長期で投資をする場合はなんも関係ないですしね。今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村に参加しています。クリックで応援よろしくお願い致します!

おすすめのETF、テクニカル分析からお金を増やすためのメンタリティまで、投資の基礎がすべて網羅されているおすすめの1冊です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました