お知らせ
スポンサーリンク

なぜテクニカル分析にこだわるのか

テクニカル分析
スポンサーリンク

テクニカル分析とは

① テクニカル分析の定義

 私は短期投資で銘柄を選定する際に「テクニカル分析」という手法を使っています。何故ファンダメンタルズ分析(企業の業績や経済分析など市場に影響を与える要因を分析すること)じゃないのか?テクニカル分析ってなんだ?と思う方もいると思うので、私が一番わかりやすいと思った定義を元に説明していこうと思います。その定義とは「テクニカル分析とは将来の価格の動向を予測するために、主にチャートを使って市場の動きを研究すること」です。

②テクニカル分析は市場の動きをすべて織り込んでいる?

私はテクニカル分析において大事なことは次の3つであると私は考えています。

① 市場の動きは全てを織り込んでいる

② 価格はトレンドを形成する

③ 歴史は繰り返す

この3つです。この中でも①の「市場の動きをすべて織り込んでいる」が一番大事な考え方であると思っています。ファンダメンタルズ分析においてもテクニカル分析においてもゴール時点は市場における「需要と供給の変化をとらえること=価格がどちらに動くのかを予測すること」であると思っています。その過程において、ファンダメンタルズ分析は細かい企業の分析をし、テクニカル分析は主にチャートの分析をするのです。市場の動きをすべて織り込んでいるとはつまり、「市場の価格は既知のファンダメンタルズに先行する」するということです。実際に歴史的な上昇相場や下落相場が始まるときに、既に知れ渡ったファンダメンタルズの変化に相場が反応することは無く、既に相場は動いていることがほとんどなのです。反対にテクニカル分析であれば、チャートを使い市場の価格を分析するので、いち早く相場の変化を捉えることができる。すなわちテクニカル分析を使えばファンダメンタルズ分析よりも早く市場におけるトレンドを見極めることが可能になるのです。

③ 個人投資家が知ることのできる情報なんて知った時にはもう遅いんじゃないか

  私はテクニカル分析を好んでいるとはいえ、銘柄を選ぶ際に企業の業績を調べるなどファンダメンタルズ分析も行っています。しかし、そのファンダメンタルズ的な指標は今の時代であれば誰でも調べることができる情報であり、全く優位性のある情報ではないと思います。また、今後伸びるであろう企業などを分析することは大事であると思いますが、そのような情報も機関投資家が先に情報を仕入れてしまっていて、個人投資家が注目した時には少し遅いということがあるような気がします。(初心者が偉そうなこと言うな)今後伸びる企業をいち早く見つけるためにも、上昇のトレンドにいち早く乗るためにもテクニカル分析は有効であると思います。

私がテクニカル分析にこだわる理由は以上になります!最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

私の考え方に影響を与えた本とyoutuber

・マーケットのテクニカル分析(ジョン・J・マーフィー)

・高橋ダン(YouTube)

・草食系投資家Lok(YouTube)

コメント

タイトルとURLをコピーしました