お知らせ
スポンサーリンク

株式投資超初心者向けのテクニカル分析手法3選(トレンドライン、MACD、出来高)

テクニカル分析
スポンサーリンク

この記事では株式投資を始めたばかりの超初心者の方向けに、初心者でも簡単に使えてかつ信頼できるテクニカル分析の手法について解説していきたいと思います!

僕自身も駆け出し投資家なので、初心者にとって「これは使える!」と思えるようなテクニカル分析の手法を紹介できると思います!!

僕がテクニカル分析を行う際に使っているトレーディングビューというツールについての記事も是非参考にしてみてください。僕は無料版を使っています!

テクニカル分析や投資の基礎を学ぶのにおすすめ3冊です!

なぜテクニカル分析をするのか

なぜテクニカル分析を中心にトレードをしているのかというと、「ファンダメンタルズ分析より勝ち目がありそうだから」「面白いから」です。

これから投資を始める方にテクニカル分析が面白そうだなと思ってもらえれば幸いです。

投資初心者におすすめのテクニカル分析手法

上昇トレンドラインを引く

僕はこの方法を強くお勧めします。

僕が勉強を始めたころ、テクニカル分析をしているYoutuberを見ていて気付いたのが、「よく線を引く」ということです。その線の引き方を何度も見て勉強しているうちに、自分でも線を引くようになっていきました。

その中でもトレンドラインは初心者でもすぐに引けるようになる上に、かなり使えます

トレンドラインについて詳しく知りたい方はこちら。下降トレンドラインについても解説しています。

早速例を見ていきます!

こちらは3674オークファンのチャートです。

2020年の4月ごろに底をつけてから上昇が続いています。

ここにトレンドラインを引いてみます。

細かいことは考えないでください!

トレンドラインに関わらずチャート上に引いていく線に関しては、厳密に引く必要はありません。

上昇トレンド中に少し下落したところをつなぎ合わせていくだけです。

大事なことは、上昇トレンドを下に割ってしまったとき。下落トレンドに転換してしまう可能性が高まるので、ここで持っているポジションをカットするということです。

このチャートの場合は上昇トレンドラインを割った後に大きく下落していきます。

僕は上昇トレンドを割ったところで損切りしたので、ダメージは最小限に抑えることができました。

実は数週間保有していた銘柄でした(笑)

アバウトに引いたトレンドラインを割った後に急落しています。

角度の急な上昇トレンドでも下に割った後下落しています。

MACDを見る!

続いてはMACDです。

MACDについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

見るべきポイントをまとめていきます

① ゴールデンクロス

MACDのゴールデンクロスとは青のMACD線がオレンジのシグナル線を下から上に突破した時のことを言います。

ゴールデンクロスは買いのシグナルになります!

線の色はチャートによって違いますが、細かく動く方がMACD線だと思っていただければ間違いないです。

② デッドクロス

デッドクロスとは、青のMACD線がオレンジのシグナル線を上から下に突き抜ける時のことを言います。

デッドクロスは売りのシグナルとなります。

簡単に言うとこれだけなのですが、注意点も解説していきます。

③ 注意点

注意点としては、「だまし」の場合があるということです。

MACDが何度も交差しています。これではトレンドをつかむことができません。

長期の上昇局面でMACDがデッドクロスした時や、暴落局面でゴールデンクロスした時が一番信用度が高いです。

使い方も簡単でかなり使える指標ですが、ゴールデンクロスやデッドクロスのみでトレードをするのはやめましょう。

出来高の増加を見つける!

出来高とは簡単に言うと、「どれだけの株式が売買されたか」を表す指標です。

テクニカル分析を行っている人はかなり重要視している指標です。

僕も本を読んだりYoutubeで勉強していますが、出来高はかなり重要視されています!個人的にも出来高を見ながらトレードすることが多いです。

出来高の要点をまとめてみました!(出来高の増加に絞ってます)

① 出来高の増加は進行中のトレンド継続を示す

② 価格の上昇よりも先に出来高が増加することが多い。

③ 機関投資家が入ってくる→株価急騰の可能性

④ トレンドが転換するときに出来高は大きく増加する(特に上昇転換時)

上昇しそうな株、チャートを見つけたら出来高も併せてみてください!

出来高についてさらに詳しく学びたいならこちらの本がおすすめ

下にある棒グラフが出来高です。

株価が急騰する前に出来高が徐々に上がってきています。

出来高の増加が価格の上昇の先行指数になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初心者にお勧めのテクニカル分析ということで3つ紹介しました。

① トレンドラインを引く→特に上昇とトレンドラインを割った時の下降トレンド転換に注意

② MACDを見る→相場の急落時や長期の上昇相場で有効

③ 出来高を見る→価格に先行する、機関が入ってきて急騰の可能性!チャートと合わせて注目すべき

これからも初心者にわかりやすいテクニカル分析や独自の視点から銘柄を分析したりしていきますので、記事の内容が気に入った方はブログ村をクリックして応援よろしくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

今回の内容は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました