お知らせ
スポンサーリンク

無料で簡単にできる!チャート分析の練習方法について解説!

テクニカル分析
スポンサーリンク

テクニカル分析を上達させるためにチャート分析の練習をしたいと思っている人がいると思います。

そこで今回は「tradingview」のリプレイ機能を使って「チャートを過去に戻して、トレードの練習をする方法」について解説していきたいと思います!

こちらの記事でトレーディングビューの使い方について詳しく解説しています

株式投資初心者におすすめ!トレーディングビュー無料版の使い方!💹 インジケーター、移動平均線、トレンドラインなど

トレーディングビューを使えるようにする

まずはGogleなどで「tradingview」と検索してみてください。

一番上に出てくるtradingviewの公式サイトを開くと、このような画面が出てきます。

右上の青丸で囲ってあるところに「無料お試し」と書いてあるので、そこをクリックして下さい。(僕の画面では今すぐアップデート)

その後、メールアドレスやパスワードを登録すればすぐにtradingviewの無料版が使えるようになります。

ここからは、リプレイ機能を使ってチャート分析の練習をする方法を解説していきます!

リプレイ機能の使い方

まずはホーム画面左上にある「チャート」をクリックして下さい。(もしかしたら別の場所にあるかもしれません)

そうするとこのようにチャートが現れます。今回はTOPIXの2018年~2019年のチャートを見ていきます。

左上にある青丸で囲ったところから、銘柄検索をすることができます。

ここからはリプレイ機能の使い方です。

黄緑の丸で囲ってある、リプレイボタンをクリックして下さい。

そうすると、左上にボタンが出てきます。また、画面にカーソルを合わせると、赤い縦線が出てきます。

ここにカーソルを合わせて右クリックすると、カーソルを合わせた日以降のチャートが消えます!

しっかり消えてますね!

左上のボタンの横にある緑丸で囲まれたところをクリックすると、1日ずつ株価チャートが進んでいきます!

株価を1日ずつ進めながら、売買の練習をすることができます。

また、左上にあるインジケーターをクリックすると

MACDやRSIなどのインジケーターも表示することができます。

その他さまざまな機能が使いたい方はこちらをご参照ください!

株式投資初心者におすすめ!トレーディングビュー無料版の使い方!💹 インジケーター、移動平均線、トレンドラインなど

このようにすればMACDも見ながらトレード練習をすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「tradingviewのリプレイ機能」を使うことで、誰でも簡単にチャート分析の練習をすることができます!

是非皆さんもお試しください!!

今回の記事が参考になった方はブログ村のクリックをお願い致します。クリックしていただけると超うれしいです!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

投資初心者にお勧めの本NO.1✨

1株から取引ができるため初心者にお勧め!僕もネオモバで投資を始めました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました