お知らせ
スポンサーリンク

エムスリー勝負の時か🔥

テクニカル分析
スポンサーリンク

エムスリーの概要

 エムスリー株式会社とは、医療従事者を対象とした医療ポータルサイト「m3.com 」のサービスを行っている会社です。インターネットを活用した医療ビジネスを行っているということもあり、昨年の3月から現在まで株価が上昇し続けています。株価好調なエムスリーですが、1/27に株価が大きく下がりました。この原因と今後株価はどう動くのかを①テクニカルの視点②ニュースなどその他の視点から分析していきたいと思います!

テクニカル分析

 エムスリーのチャートを見ると、きれいに上昇を続けています。こんなにきれいに上昇している株はそう多くない気がします。しかし、1月27日に大陰線が出てしまいました。今後どうなるのか?様々な視点から分析していきます。

移動平均線

 私が移動平均線で注目したのが、長期の上昇トレンド中に短期の移動平均線(赤)もしくはローソク足が、中期の移動平均線(青)に何度も跳ね返されてたという所です。何度もきれいに跳ね返され上昇を続けているように見えます。しかし、今日の大きな下落で、ローソク足は中期線の下に突き抜けてしまいました。29日に決算がありますが、このまま下落し短期線が中期線を下回ると下落が続いていく可能性があるかなと思います。

また、ここ最近上昇が弱まりダブルトップを形成しているようにも見えるので、その点からも危険なチャートに見えます。

MACD、出来高

 

続いてはMACD、出来高の分析です。MACDに関しては過去記事でも触れているのでぜひ参照してください。https://shurefrog-investment.net/wp-admin/post.php?post=60&action=edit

MACD分析においては青のMACD線がオレンジのシグナル線を上から下に突き抜けた場合下落のサインであるとされています(このクロスがどこで起きるかなどによってシグナルの強さが変わる)なので、今は下落のシグナルが出ているということになります。

また、出来高とは簡単に言うとその日どれだけ取引されたかを示す指標です。棒グラフが高ければ高いほど、出来高が大きいということになります。1月27日は大きな下落があり、出来高が大きかったということで、売りの圧力が非常に大きいということがわかります。大きな下落や上昇の前に出来高が大きくなる傾向があるので注意が必要かもしれません。

RSI

私は時と場合によりますが、RSI50を割ると相場は弱いと判断します。最近一時期より元気がなく、RSIも50を下回っているので、反発せずに下がっていくと下落トレンドに転換していくのではないでしょうか。

テクニカルまとめ

移動平均線やMACD、RSIなどを見ると、売りのシグナルが出ているように見えます。テクニカル的には今週中には大まかな方向が決まるのではないかと思います。もう一度戻していくか、このまま下落していくのか注目していきたいです。

最新ニュース、決算情報

 最新のニュースで気になる記事がありました。

以下引用 https://jp.reuters.com/

*11:24JST エムスリー—大幅反落、株価水準の割高感強いとして米系証券が格下げ
エムスリー2413は大幅反落。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げ、目標株価は8900円としている

詳しくはわかりませんが、アメリカ系の証券会社がエムスリーの格を下げるというニュースが飛び出してきました。これはエムスリーの株価には悪影響を与えると思います。

また、決算前に株価が下がっている原因として、期待より決算がよくないという情報があり、機関投資家が個人に先立って売り始めているのがチャートに現れているということもあるかなと思っています。これは完全な妄想ですが、もしそうであれば株価は下落していくと思います。

市場の動きはすべてを織り込んでいる。もしかしたらこの下落は様々な要素を織り込んでいるのかもしれない。チャートを見るのは面白いですね! 今回の内容は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました